ライターとリライトライターって何が違うの?

2014-06-20

自宅でできる仕事の募集をみていると、ライターとリライターという言葉が並んでいます。違いは「リ」が付いているかどうかだけです。まちがえやすいですよね。素人なら当たり前です。
では、ライターとリライターは何が違うのでしょうか?両方とも文章を書くことに変わりはありません。文章を構成する能力はどちらも必要なスキルです。ライターという言葉がついているので書くことが得意な方向けの在宅ワークでしょう。
家でできる仕事のライターは主にサイトやブログの方針にしたがって、自分でネタを集め、自分で記事を書きます。
もちろん自由には書けません。クライアント側からテーマや字数など指示を受けます。その制約の上で、オリジナルな記事を納品するのがライターのお仕事です。
募集によってはあるジャンルに特化したライターの場合もありますし、得意な分野でなくても何でも書きますよ…みたいなライターの案件もあります。
どのようなジャンルの案件でも、幅広い知識をもち、取材能力に自信があり、独自の切り口や視点をもった分かりやすい文章を書ける人がライターとして優遇されるでしょう。
リライターは、元の文書を書き直しすることです。元の文書の校正でも、コピペでもありません。クライアントから指示を受けたルールに沿って、似ているような文章に変えて書いていきます。
意味や結論などはそのままで、著作権にふれることなく、書き直しをするのがリライターというお仕事です。
在宅ワークのライターとリライター。どちらの方がお得でしょうか?というのはおかしな質問でしょう。普通、1記事あたりの単価はライターの方が上です。手間暇がかかるので当然でしょう。ただ、リライターは慣れると多くの記事数が書けます。
もし、書くことが苦ではない方なら、どちらでも問題なくできるはずです。在宅ワークのライターとリライターを両方やっている方もいます。もし、機会があれば、挑戦してみましょう。

Copyright© 2010 自宅でできる仕事を探すならこのサイト「dobamusic」 All Rights Reserved.